Webデザイナー1年生

Webデザイナー1年生―プロになる前に知っておきたい!仕事の中身と進め方 (WORKFLOWプロになる前に知っておきたい!仕事の中身と進め方)』という本を読みました。Web制作会社に所属していない自分にとっては、Web制作のワークフローがイメージしやすく、勉強になりました。

Webデザイナー1年生―プロになる前に知っておきたい!仕事の中身と進め方 (WORKFLOWプロになる前に知っておきたい!仕事の中身と進め方)

本書は、デザイン事務所に入社したばかりの主人公が、アイコン、ロゴ、GIFバナー、Webサイトを制作していく様子を、事務所の先輩やクライアントとの対話形式で、あたかも自分がその主人公であるかのような疑似体験ができる、という本です。

2004年に発刊されたものなので内容的には古くないか心配でしたが、アプリケーションの技術的なワークフローにはほとんど触れず、Webデザイナーがどのような仕事をするか、どのように仕事を進めるのか、どのような考え方をすればいいのかを学ぶ本なので、そんなに内容的にな古さは気になりませんでした。ただし、Webサイト制作のところは、さすがに古いです。Web標準準拠を重視する前の時代かな、と思いました。

本書の良いところをあげると、

  • サーッと読めるので、Web制作に関するワークフローの全体像をつかみやすいこと
  • コンセプトシートや見積もりガイドライン、見積書を作るときの考え方が説明されていること
  • クライアントとのやり取りの仕方が何となくイメージできること

といったところです。今の僕と同レベルの方には役に立つ本だと思います。しかし、実際にWえb制作の現場で働いている人は読む必要がないのかな。

最近、Webディレクションやワークフローの本を読んで、Web制作の全体像を勉強したくて、色々読んだりしていますが、今の自分にとって一番大切なのは、知識を詰め込むことよりも、実際のWebページの作品を一つでも多く作ることだとようやく気付き始めた今日この頃です。でも知識も常に詰め込んでいかないといけないので、うまく両方を勉強しながらいけたら理想なのですが、「二兎を追う者は一兎をも得ず」になってしまってはシャレになりませんよね(^_^;)