• Home
  • Movable Type
  • MTAppjQuery
  • MTAppjQuery v2 で Movable Type 7 のカテゴリ編集画面のフィールドを並べ替えてみよう

MTAppjQuery v2 で Movable Type 7 のカテゴリ編集画面のフィールドを並べ替えてみよう

今回は、MTAppjQuery v2 を使って Movable Type 7 のカテゴリ編集画面のフィールドを並べ替える方法をご紹介します。

Before

はじめにカテゴリに categoryimage というベースネームのカスタムフィールドを追加して、カテゴリ編集画面が下図のようになっているとします。

mtapp-fieldSort-category02-min.png

これを、「名前」→「説明」→「カテゴリイメージ」→「出力ファイル/フォルダ名」という順番に並び替えてみたいと思います。

user.js

user.js に下記のように記述します。MTAppjQuery v1 までは $.MTAppFieldSort というメソッド名でしたが、MTAppjQuery v2 から mtapp.fieldSort と名称が変わりました。

(function($){
 'use strict';

 if (mtappVars.screen_id == 'edit-category') {
 mtapp.fieldSort({
 sort: 'label,description,customfield_categoryimage,basename',
 insertID: 'category-meta'
 });
 }

})(jQuery);

ポイントは、

  • MTAppjQuery v2 から mtapp.fieldSort という名前になった
  • カテゴリ名のフィールドのベースネームは labeltitle などではない)
  • カスタムフィールドの場合は customfield_categoryimage のようにする
  • insertID: 'category-meta' を指定する

といったところです。

mtapp.fieldSort() の詳細はドキュメントサイトをご確認ください。

After

無事、下図のように並び替えられました。

mtapp-fieldSort-category01-min.png

以上です。

MTAppjQuery について

Movable Type の管理画面をフロントエンドの知識だけで簡単にカスタマイズすることができます。

クライアントの満足度を高めるためにぜひお使いください。

MTAppjQuery の詳細を見る

MTAppjQuery