Craft 3.2 Beta リリース

日本時間の本日、Craft 3.2 Beta 1 がリリースされました。

上記のページで、Craft 3.2 に新たに追加された Pixel & Tonic のお気に入りの機能が紹介されていますのでここでも日本語でご紹介します。

Autosave

エントリを編集し始めると自動で新たなエントリのドラフトが作成され、変更が自動で保存されます。

はじめはこの状態で、

autosave01-min.png

編集を始めると、このように自動で保存されます。

autosave02-min.png

Preview Targets

プレビューをするときにロケーションを特定できるようになるようです。

Headless Preview

Craft CMS を Headless CMS として使っているときでもプレビューできるようになったようです。

Element Index Pagination

エントリ一覧が、今まではスクロールすると自動で読み込まれる形でしたが、ページ送り機能が追加されました。

entries-paginate-min.png

Element Exporting

エレメント(エントリやアセット、ユーザーなど)を一覧画面からエクスポートできるようになりました。ファイル形式も CSV、XLS、ODS に対応しています。
(2019/08/18 追記:現在はエクスポート形式はCSVに限定されています。参考

element-export-min.png

Related Element Validation

エレメントに関連づいている他のエレメントで必須のフィールドが埋まっていなかったりすると、その親エレメントを保存するときにエラーがでます。

フィールドの設定で Validate related assets にチェックを入れます。

validation-related-element01-min.png

親のエレメントを保存するときに、関連付いているエレメントのエラーが表示されます。

validation-related-element02-min.png
validation-related-element03-min.png

Field Type Enhancements

テーブルフィールドの中で Dropdown EmailURLのフィールドが使えるようになりました。

field-type-table-min.png

また、 ドロップダウンリストと複数選択ドロップダウンリストで optgroups が設定できるようになりました。

field-type-dropdown01-min.png
field-type-dropdown02-min.png

Sortable Custom Fields

エレメントの一覧画面で、カスタムフィールドでソートできるようになりました。

sortable-customfield-min.png

Multi-site Element Queries

複数のサイトをまたいでエレメントを取得できるようになりました。設計の幅が広がりますね。

Testing Framework

Yii 2 codeception module に基づいたテストのフレームワークが導入されたようです。この点については追々詳しく調べたいと思います。

Craft 3.2 へのアップグレード方法

composer.jsoncraftcms/cms の部分を下記のように変更します。

"require": {
 "craftcms/cms": "^3.2.0-beta.1",
 "...": "..."
}

そして、Craft のプロジェクトルートディレクトリで composer update コマンドを実行すればOKです。以後のベータ版のアップグレードは、コントロールパネルから通常通り行えます。

以上です。Craft 3.2 の正式リリースが待ち遠しいですね!