• Home
  • Craft CMS
  • ユーザーグループごとに管理画面の表示を変更できる Craft CMS のプラグイン「Field and Tab Permissions」を試してみた

ユーザーグループごとに管理画面の表示を変更できる Craft CMS のプラグイン「Field and Tab Permissions」を試してみた

ユーザーグループごとに管理画面のフィールドやタブの表示を変更できる Craft CMS のプラグイン「Field and Tab Permissions」を試してみました。

インストール

インストールは管理画面のプラグインストアで「Field and Tab Permissions」と検索してインストールしてください。$15 の有料プラグインですが、開発環境であれば無料で試すことができます。

使い方

まず、設定 > ユーザー > ユーザグループ で新しいユーザグループを作成しておきます。今回は、「企業」「個人」というユーザーグループを作ってみました。

次にフィールドの権限を設定していきます。今回はユーザに割り当てるフィールドの見せ方を、上記の「企業」「個人」で分けたいと思います。

事前に作成しておいたフィールドを、設定 > ユーザー > ユーザグループ でユーザの編集画面に割り当てておきます。

上図のように追加した会社情報を入力する「会社」タブは、ユーザグループが「企業」のユーザのみに表示させたいです。なので、タブ名の「会社」の横にあるギアアイコンをクリックして「Set Permissions」をクリックします。

ここで、ユーザグループごとに、表示させるか否かを設定して保存すればOKです。

すると、「企業」グループに属するユーザのユーザ情報編集画面は下図のようになります。

「個人」グループに属するユーザのユーザ情報編集画面は下図のようになります。

このパーミッションの設定は、もちろんエントリに紐づけたフィールドのタブにも利用できますし、フィールドごとに個別に設定することもできます。

とても便利ですね。

以上です。