• Home
  • Craft CMS
  • Craft 3.2.3 リリースで自動保存の仕様が変更

Craft 3.2.3 リリースで自動保存の仕様が変更

Craft 3.2 Beta リリース」の記事でもご紹介したように、Craft 3.2 から、エントリを編集し始めると自動でドラフト(次のバージョンの下書き)が作成され、移行、編集中に自動保存される機能が導入されました。

しかし、今朝リリースされた Craft 3.2.3 で、この自動保存の仕様が変更されたのでご紹介します。

Craft 3.2.3 からは、「Save as a Draft(下書きとして保存)」ボタンを押すとドラフトが作成され、移行は自動保存されるようになりました。

今回の仕様変更について、Brandon さんは Issue のコメントで下記のように述べています。

  • はじめの自動保存の仕様は少し直感的ではなかった。
  • ユーザー的には実際には何も変更されていなくてもドラフトが作成される可能性があった。
  • サクッと編集したいときに邪魔になりまった。
  • 他のバグにつながる可能性がありました。

また、Craft 3.2.0 からなくなっていた「保存して編集を続ける」「保存して別の新しいエントリを作成する」「新しいエントリとして保存する」という保存オプションも復活しました。

Craft 3.2.3 ますますいい感じになりましたね。

以上です。