• Home
  • Craft CMS
  • Craft CMS の独自プラグインを作成する - STEP 2 独自プラグインをインストール

Craft CMS の独自プラグインを作成する - STEP 2 独自プラグインをインストール

ステップ・バイ・ステップで解説する Craft CMS の独自プラグインの作り方、今回は前回「Craft CMS の独自プラグインを作成する - STEP 1 雛形を作成」で作成したプラグインの雛形を、Craft CMS にインストールする方法をご紹介します。

前回の例では「Post to your Slack」というプラグインを作成したので、それを前提に話を進めますので、必要に応じて読み替えてください。

Craft CMS のインストール

まずは「Craft Nitro を使った Craft CMS 用ローカル環境の作り方」にそって Craft CMS をインストールしてください。もし開発用の Craft 3 があればそれを使っていただいて構いません。

plugins ディレクトリを作成

Craft CMS のプロジェクトディレクトリ(Craft CMS がインストールされている、configtemplates ディレクトリと同じ階層)に plugins というディレクトリを作成し、その中に前回作成したプラグインを設置します。

20201208221231 min

composer.json を編集

続いて、composer.json に下記のように repositories セクションを追加します。

"repositories": {
    "tinybeans/post-to-your-slack": {
      "type": "path",
      "url": "plugins/posttoyourslack"
    }
  },

tinybeans/post-to-your-slack のところは、作成したプラグインの中にある composer.json に書いてある name 部分になります。

"url": "plugins/posttoyourslack" のところは、先程設置したディレクトリ名になります。

composer require

次に SSH でサーバーに入り、Craft CMS のプロジェクトディレクトリに移動します。Craft Nitro で作成した環境の場合は、ターミナルでコンピュータ内のそのディレクトリに行けばOKです。

ディレクトリに移動したら下記のように composer require コマンドを叩きます。僕の環境では下記のようになります。

% cd ~/Projects/Nitro/craft-nitro
% composer require tinybeans/post-to-your-slack

プラグインのインストール

最後に Craft のプロジェクトディレクトリで craft plugin/install <plugin handle> コマンドを使ってインストールします。<plugin handle> 部分は、上記の composer require したときのベンダー名ではない方を入れます。今回の例で言えば下記のようになります。

% ./craft plugin/install post-to-your-slack
*** installing post-to-your-slack
*** installed post-to-your-slack successfully (time: 0.034s)

もし上記のコマンドでうまく行かなければ、管理画面からインストールすることも可能です。

管理画面の「設定 > プラグイン」に移動して「Post to your Slack」プラグインの右にあるメニューで「インストール」をクリックすればインストール完了です。

20201208223539 min

次回からコードを書いてプラグインの機能を実装していきたいと思います。