Custom Field GUI Utility 3.0.0 リリース

当ブログで公開している、WordPress のカスタムフィールドを便利に使うプラグイン「Custom Field GUI Utility」のバージョン 3.0.0 をリリースしました。

これまでの 2.1.0 と機能的にはほとんど変わりませんが、Webデザイナーさんが WordPress を CMS として使うときに、カスタムフィールドをより有効に使えるようにしたつもりです。

主な変更点は以下のとおりです。

設定ファイルは1つに、表示はCSSで制御

これまでは「投稿」「ページ」「共通」用に3つの設定ファイルを用意する必要がありました。これはこれで便利だったと思うのですが、3つの設定ファイルを書くのも面倒ですし、何よりプラグインをカスタマイズする僕自身も3つのファイルの手直しするのは非常に面倒でした。

そこで、今回のバージョンからは、設定ファイルは一つにし( conf.ini )、「投稿」「ページ」「共通」の切り替えは CSS で実現することにしました。

これだけでも設定がだいぶに楽になると思います。

class名が自由に設定可能

上記の変更と合わせて、class名を自由に振ることが出来るようになりました。これを利用すれば、フィールドごとの表示・非表示を簡単にカスタマイズすることが可能です。

各フィールドに固有のid名を付与

一つのHTML文書には同一のid名は設定できません。しかし、前バージョンまでは、テキストフィールドのid名が重複してしまうという初歩的な問題点がありました。

今回からは、それぞれのフィールドに、キーに設定した値に「cfg_」の接頭辞を付けた形のid名が付与されます。これも地味ではありますが、カスタマイズしやすくなった点だと思います。

ただし、「キー」名には半角英数しか設定できない点に注意が必要です。

【2010-02-08 追記】

これは、今後のカスタマイズのしやすさを考慮しての仕様変更です。後方互換性を一部犠牲にした形になりますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

キーにひらがな等半角英数字以外を使っている場合は、バージョン2.x を引き続きご利用ください。

これに伴い、イメージフィールド、ファイルフィールドの設定項目の idname を廃止しました。

リンク付きの img要素が挿入可能に

これまでの「aタグ」を挿入ボタンで挿入されるソースは次のような単純な a要素でした。

<a href="ファイルのURL" title="xxx" class="cfg_link">yyy</a>

今回のバージョンからは、画像ファイルに関しては、リンク付きの img要素を挿入することができるようになりました。

<a href="ファイルのURL" title="xxx" class="cfg_link"><img src="サムネイルのURL" alt="zzz" class="cfg_img" /></a>

「サムネイルのURL」部分はアップローダーの「サイズ」で指定したサイズの画像のURLが挿入されます。

プラグインの詳細は、以下からお願いします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Just a second...