• Home
  • Craft CMS
  • Craft 3.1 Beta の概要とアップデート方法

Craft 3.1 Beta の概要とアップデート方法

この記事は「 Craft CMS Advent Calendar 2018 - Adventar 」の1日目の記事です。

先日(現地時間だと27日)Craft 3.1 Beta 1 がリリースされました。

その後も順調に Beta 4 までリリースされています。

Craft 3.1の概要

Craft 3.1 からは下記のような機能が追加されるそうです。

  • プロジェクトの config ファイルで、フィールド、セクション、その他のプロジェクトなどが設定できるようになるので、本番、開発などの複数の環境で利用する場合にデータベースを共有しなくて良くなる。
  • allowAdminChanges の設定で本番環境では設定を変更できなくしたりできる。
  • これまで管理画面で設定していたものを設定ファイルで設定できる用になる。
  • ライブプレビューがマルチドメインで確認できるようになる。
  • エレメント(エントリーとかユーザーとか)、フィールドレイアウトの情報、サイトの設定、サイトグループの設定などはゴミ箱に入れて、30日以内(確かそんな記憶)なら復活させることができるようになる。
  • プラグインも Solo Pro のように複数のエディションを持てるようになる。

どれも魅力的で現場のニーズに即したアップデートという気がします。

Craft 3.1 Beta にアップグレードする方法

Craft 3.1 Beta にアップグレードするには、サーバーの Craft CMS のプロジェクトのルートにある composer.json を開き、

"require": {
  "craftcms/cms": "3.0.33",

のようになっている部分を、下記のように書き換えます。 3.1.0-beta.1 部分はこの作業をやる時点での最新のベータ版にすればいいと思います。

"require": {
  "craftcms/cms": "^3.1.0-beta.1",

そして、Craft のプロジェクトのルートで下記のコマンドを実行します。もしレンタルサーバーで composer コマンドが使えないのであれば、 heteml(ヘテムル)に Composer をインストールする を参考にインストールしてみましょう。

composer update

Craft のコントロールパネルにインストールアクセスすると下記のように表示されるので Finish Up をクリックして完了です。

craft-3<em>1</em>beta_1-01.png

コントロールパネル左下のバージョン番号が Craft CMS 3.1.0-beta.1 になりました。

craft-3<em>1</em>beta_1-02.png

今後は、Craft 3.1 の正式リリースも含めて、コントロールパネルから通常通りアップデートできるそうです。

以上です。

Recent Entries

Pickup Categories

Movable Type

CMSとして国内5万サイト以上に導入されている Movable Type に関する記事です。

Craft CMS

CMS 業界で注目の Craft CMS に関する記事です。Craft CMS はチーム全体をハッピーにしてくれる素晴らしい CMS です。