• Home
  • MTAppjQuery
  • MTAppjQuery v1.4.0 リリース - $.MTAppSlideMenuV2() を追加ほか

MTAppjQuery v1.4.0 リリース - $.MTAppSlideMenuV2() を追加ほか

MTAppjQuery v1.4.0 を公開しました。

今回のリリースでは、次のような新機能の追加と修正があります。

新機能の追加

mtappVars.can_access_blogs_json

ログイン中のユーザーが何らかのアクセス権を持つウェブサイト・ブログの情報のJSONがセットされます。

mtappVars.is_superuser

ログイン中のユーザーがシステム管理者の場合は mtappVars.is_superuser: 1 がセットされます。

$.MTAppSlideMenuV2()

管理画面左上のスコープメニュー(▼メニュー)を、mtappVars.can_access_blogs_json を利用したスライドメニューに変更します。オプション設定でウェブサイトやブログを作成するリンクを「新規作成」に移動することもできます。(使い方は後述)

システム全体に適用できるフリーエリア

システム全体に適用できるフリーエリアです。これまでのシステム、ブログの各スコープごとに適用できるフリーエリアの手前に挿入されます。

json_decode モディファイア

JSON 文字列をデコードします。

本当なら「from_json」とか「decode_json」とかのネーミングの方が良いと思いましたが、それらはMT本体に追加されるかもしれない(願望)ので「json_decode」としました(PHPのファンクションとかぶるけど)。(スタティック・ダイナミック対応)

MTDumper タグ

name モディファイアに指定した名前の変数の値をダンプして出力します。(スタティック・ダイナミック対応)

修正点

  • $.MTAppMultiCheckbox() で skin: 'tags' オプションを指定したとき、タグをクリックしても値は保存されるが表示に変化がないのを修正
  • $.MTAppTabs() でタブ名がアイテムアップロードダイアログより手前に(上に重なって)表示されるのを修正

$.MTAppSlideMenuV2() の使い方

v1.4.0 で $.MTAppSlideMenuV2() という機能を追加しました。この機能を有効にすると、管理画面の左上の▼をクリックしたときのメニューが下図のように変わります。

MTAppSlideMenuV2

通常のメニューでは、最近アクセスしたウェブサイトやブログがいくつか表示されるだけだったので、多くのウェブサイトやブログを頻繁に移動するには少し不便でした。

この MTAppSlideMenuV2() を使うと、ログイン中のユーザーが何らかのアクセス権を持つすべてのウェブサイト・ブログがスライドメニューで表示されます。

使い方

まず、システムのプラグイン設定ページで MTAppjQuery の設定を開き、「システム設定」の中の「ウェブサイト/ブログのJSONを利用する」を「有効」にします。

続いて、少し下にスクロールし、同じく「システム設定」の中の「変数 mtapp_end_body に追加(</body>タグの直前)」の下にある「$.MTAppSlideMenuV2()」ボタンをクリックします。

すると、その下のテキストエリアに $.MTAppSlideMenuV2() を実行するコードが追加されますので、あとは保存すればOKです。

なお、この MTAppjQuery プラグイン設定の「システム設定」の項目は、すべてのウェブサイト・ブログに共通して適用されます。

MTAppjQuery について

Movable Type の管理画面をフロントエンドの知識だけで簡単にカスタマイズすることができます。

クライアントの満足度を高めるためにぜひお使いください。

MTAppjQuery の詳細を見る

Iamge Description

Recent Entries

Pickup Categories

Movable Type

CMSとして国内5万サイト以上に導入されている Movable Type に関する記事です。

Craft CMS

CMS 業界で注目の Craft CMS に関する記事です。Craft CMS はチーム全体をハッピーにしてくれる素晴らしい CMS です。