• Home
  • MTAppjQuery
  • MTAppJSONTable 内のテキストエリアをリッチテキストエディタにする方法

MTAppJSONTable 内のテキストエリアをリッチテキストエディタにする方法

【2017/01/10 追記】
MTAppjQuery v1.10.0 までの MTAppJSONTable では、下記の方法だと不具合が発生します。次のバージョンの MTAppjQuery で実装できるように MTAppJSONTable にオプションを追加する予定ですのでお待ちください。

先ほど、「MTAppJSONTableでつくった textarea でリッチテキスト(TinyMCE)モードを使いたいのですが、なにか方法はあるでしょうか?」というご質問をいただきました。

簡単にですがその方法をご紹介します(MTAppJSONTable の設定方法などは割愛します)。

例えば、TinyMCE にしたいテキストエリアの header 名が content_profile だとすると、下記のコードを cbAfterBuild オプションに設定します。

cbAfterBuild: function(cb, $container){
    var jsontableEditors = {};
    $container.find('td.content_profile textarea').each(function(){
        $(this).addClass('mtapp-has-tinymcs');
        var id = $.temporaryId();
        $(this).attr('id', id);
        jsontableEditors[id] = new MT.EditorManager(id);
    });
}

なお、 $.temporaryId() は最新版の v1.10.0 以降に実装されていますので、もしそれ以前のバージョンをお使いでしたら、 MTAppJSONTable を実行するよりも手前に、

$.extend({
    temporaryId: function() {
        return 'temp-' + ('' + Math.random()).replace(/[^\d]/g, '');
    }
});

を書いておいてください。

また、行や列を追加できるように add: true が設定されている場合は、下記のコードを cbAfterAdd オプションに書いてください。

cbAfterAdd: function(cb, $container){
    var jsontableEditors = {};
    $container.find('td.content_profile textarea:not(".mtapp-has-tinymcs")').each(function(){
        $(this).addClass('mtapp-has-tinymcs');
        var id = $.temporaryId();
        $(this).attr('id', id);
        jsontableEditors[id] = new MT.EditorManager(id);
    });
}

詳細な検証はしていませんので、もし不具合等ありましたらご指摘ください。

以上です。

MTAppjQuery について

Movable Type の管理画面をフロントエンドの知識だけで簡単にカスタマイズすることができます。

クライアントの満足度を高めるためにぜひお使いください。

MTAppjQuery の詳細を見る

Iamge Description

Recent Entries

Pickup Categories

Movable Type

CMSとして国内5万サイト以上に導入されている Movable Type に関する記事です。

Craft CMS

CMS 業界で注目の Craft CMS に関する記事です。Craft CMS はチーム全体をハッピーにしてくれる素晴らしい CMS です。