• Home
  • Mac で Shift-JIS の CSV データを簡単に UTF-8 に変換する方法

Mac で Shift-JIS の CSV データを簡単に UTF-8 に変換する方法

お客様から入手した CSV や、何かのツールからエクスポートした CSV データの文字コードが Shift-JIS であるために、Mac で開くときに文字化けしてしまうという経験は誰もがしていることでしょう。

今日は、Shift-JIS の CSV を簡単に UTF-8 に変換する方法をご紹介します。

Visual Studio Code をインストール

Web 制作のお仕事をしている人にはおなじみの Visual Studio Code(VS Code)を使うととても簡単です。

インストールしていない人は下記のリンクからインストールしましょう。

CSV を VS Code で開く

次に Shift-JIS の CSV を VS Code で開きます。

するとバッチリ下図のように文字化けします。

Clean Shot 2021 07 21 12 08 43


VS Code の右下の「UTF-8」というところをクリックします。

Clean Shot 2021 07 21 12 36 20

すると上の方にメニューが出るので、「Reopen with Encoding」をクリックします。日本語表示だと「エンコード付きで再度開く」だと思います。

Clean Shot 2021 07 21 12 48 31

文字コードの一覧が表示されるので「Japanese (Shift JIS)」をクリックします。

Clean Shot 2021 07 21 12 50 43

これで文字化けが解消されます。

Clean Shot 2021 07 21 12 52 51

文字コードを変換

続いて文字コードを UTF-8 に変換します。今度は右下の「Shift JIS」をクリックします。

Clean Shot 2021 07 21 12 55 46

先ほどと同じように上の方にメニューが出るので、今度は「Save with Encoding」をクリックします。日本語表示だと「エンコード付きで保存」だと思います。

Clean Shot 2021 07 21 12 42 05

文字コードの一覧が表示されるので「UTF-8 with BOM」をクリックします。

Clean Shot 2021 07 21 12 44 07

これで CSV が UTF-8(BOM付き)で保存され、エクセル(エクセルは最初の Shift JIS で開けますが)でも Numbers でも問題無く開けるようになります。

以上です。

  • 2021-07-21 11:57